塗料工事と塗料の種類

安心できる塗装工事を行うためには、「建物を長く維持できる機能を備えた塗料」を選ぶことが大切です。

【耐久性】
耐久性が低い塗料だと、何度も塗り替えないといけなくなる可能性があります。 今のお住まいにあと何年住むのか、計画に合わせて耐久性を選びましょう。
【トータルコスト】
今のお住まいに長く住む計画ならコストが高くても耐久性の高い塗料を、また、足場が必要となる工事もコストとのバランスで選ぶなど、1回分の塗料価格だけでなく、トータルコストで塗料を選びましょう。
【機能】
真夏の室温を下げたいなら遮熱機能や断熱機能、屋根・外壁のカビの繁殖を抑えたいなら防カビ機能など、お住まいや暮らしの悩みを解決してくれる機能をもっている塗料を選びましょう。

屋根材や外壁材の種類や劣化症状によって、最適な塗料は異なります。また、塗料によって機能や耐用年数も異なり、それに応じて価格も変わります。必ず専門家による診断のもと、工事を行うことをお勧めします。

Check!
【各種塗料の特徴】

アクリル樹脂塗料

【特徴】数年前までは外壁の塗替え用として最も普及していた塗料です。価格は比較的安く、防汚性、施工面に優れています。止水やヒビ割れ防止の注入剤としても機能し、外壁を守る優良な塗料と言えます。【デメリット】耐久性が有効な間は防水性がありますが、外壁を保護する塗料としてはあまりおすすめできません。

ウレタン樹脂塗料

【特徴】価格と機能のバランスが良く、住宅塗装で現在もっとも多く使用されている塗料です。 安価な塗料に比べて耐久性にも優れており、カラーバリエーションも豊富です。汚れや色褪せに強く、耐久性・低汚染性・防カビ性・防藻性に優れています。【デメリット】アクリル塗料やウレタン塗装に比べて、耐久性は優れていますが、次の塗り替え時期までの十分な耐久性がなく、建物を守り続けるのに不十分な場合もあります。

シリコン樹脂塗料

【特徴】種類も多く、比較的安価な塗料です。ウレタン樹脂塗料などの他の塗料に比べ、汚れやすく耐久性に劣りますが、建物の耐用年数を考えず、短期間で別の色に塗り替える場合に適しています。【デメリット】耐久性が有効な間は防水性がありますが、外壁を保護する塗料としてはあまりおすすめできません。

フッ素樹脂塗料

【特徴】一般的な塗料の中では最高グレードの塗料です。フッ素樹脂の化学的安定性により、塗膜の寿命が非常に長いのが特徴です。ツヤ消しが可能なため、高級感のある落ち着いた意匠を行うことができます。また、塗膜表面を親水性にすることで雨筋などによる汚れを防止し、外観の美しさを保つことも特徴です。【デメリット】コストが高めで、塗膜も硬いものが多く、ひび割れしやすいので、経験豊富な施工業者による工事が必要です。

断熱・遮熱塗料

【特徴】屋根や外壁に塗布すれば外からの熱の浸入を防ぎ夏は涼しく、室内に塗れば冬の暖房熱を外に逃がすことなく暖かい室内環境を作り出すことが出来ます。【デメリット】光熱費の削減効果は期待できますがコストが高めです。外壁に汚れが付着することにより断熱・遮熱効果の低下ことがあります。

ピュアアクリル塗料

【特徴】高耐久性・高弾性を持ち、防水性に非常に優れた塗料です。建物にかかる塗り替えなどの生涯コストを大幅に削減することも可能です。【デメリット】トータルのメリットは大きいですがコストが高めです。純度の高い樹脂を使用した水性塗料のため、冬場の施工には工期がかかります。

Check!
【塗料の価格と耐久性】

アクリル樹脂塗料
コストで選ぶならこれ
ウレタン樹脂塗料
コストで選ぶならこれ
シリコン樹脂塗料
コストで選ぶならこれ
断熱・遮熱塗料
光熱費で選ぶならこれ
フッ素樹脂塗料
とにかく耐久性で選ぶならこれ
ピュアアクリル塗料
高機能と耐久性で選ぶならこれ